さまざまな視点から「ELENDEEK」の魅力を紐解くスペシャルコンテンツ。
連載第2回目は、クリエイティブディレクター渡邉由香のもとに、
ファッションを通じて表現者として輝くふたりが集結。
それぞれ第一線で活躍する同世代の三人に、
自身のLife Styleに欠かせないキーワードを聞いた。
20代の頃から“トライ&エラー”を繰り返し、確立されつつある
自らの世界を、彼女たちはいま、どんな言葉に託すのだろう

知りたいのは、輝ける理由。
共通点は、“ファッション”とそして・・・

MIX FRINGE KT PULLOVER ¥26,0000+tax
SIDE PLEATS SKIRT COMING SOON

デビューシーズンに引き続き大人気のケーブルニットは、2種類の糸を使用することで立体的な仕上がりに。袖口のフリンジやベルト使いが、モードなインパクトを演出してくれる。ボリューミーなコーディネートも、鎖骨まわりと足首の抜け感を添えて、軽やかな女性らしさに。

ARCH TAPERED TUCK PANTS ¥18,500+tax
MEDUSA SHILOUETTE KT COMING SOON

ハイウエストが今年らしいオフホワイトのパンツは、リラックス感のあるテーパードシルエットにこだわりが。ダブルバックルのウエストだから、トップスをインにした時にもドラマティック。くつろいだシルエットのニットを合わせて、大人の余裕を醸し出すコーディネートに。

MIX FRINGE KNIT BLOUSON ¥29,0000+tax
SIDE PLEATS SKIRT COMING SOON

立体感のあるミックスケーブルがポイントのニットブルゾン。オフタートルのようなスタンドカラーは、内側に折って高さを変えたり、開けて衿抜きにしたりと複数のアレンジが楽しめる。シルエットが美しいスカートは、動いた時にちらりと覗くサイドプリーツに遊び心が。ワントーンでも、奥行きのあるコーディネートが叶う。

教えてください、あなたのLife Styleを表すキーワード

自らの望む生き方を追い求めるうち、時代の最先端に辿り着いた3人。
迷い、悩みながら進んで来た日々のなかにも、決してブレなかった芯がある。
これまで大切にしてきたこと、これからも変わらないこと。
Life Styleを象徴するキーワードを、2つずつピックアップしてもらいました。

FAMILY

21歳の娘と19歳の息子、同居している両親。家族は、私のパワーの源です。家族がいるからこそ、毎日頑張れる。特に息子は、いつの間にか“理想の恋人”として育ってくれました(笑)。彼女を紹介された時は、ちょっぴりショックでしたが、彼女に優しく接する姿を見て“こうして親には教えられないことを学んでいくのだな”と。娘は、同性だからこそ“もっとこうすればいいのに”と焦れったくなることも。けれど、とにかくふたりとは、どんなことも話し合える壁のない関係。『STORY』のモデルを始める時も、背中を押してくれたのは子どもたちでした。将来、パートナー候補が現れた時にも、厳しくチェックされるでしょうね(笑)。

DRIVE

思いついた瞬間に、ポーン!と行動したいタイプなので、フットワークよく動けるドライブが大好き。「温泉入りたいね!」で箱根まで出掛けたり、「ヨガしてみない?」と軽井沢まで遠出をしたり。車は、楽しいひらめきを実現してくれる、欠かせないツールです。ドライブは、道中、新たなスポットを発見できるところも魅力。「次はここに来てみよう」と、どんどん興味が広がります。また、私は横浜に住んでいるので、東京と行き来する移動時間は“母とモデル”のスイッチタイムにもなっているのかも。特に帰りは、車窓の景色が見慣れたものになるにつれ、頭も身体もほぐれて、母親の顔に戻っていく気がします。

BEAUTY

この仕事に就く前は、ナースをしていました。親の期待に応えて就いた仕事でしたが、過酷な労働環境のなか、次第に毎日がルーティンワークのように。生死にも鈍感になっている自分に気づいた時、“もっと正直に生きよう”と人生を仕切り直す決心をしました。幼い頃、母のメイク道具が好きだったことを思い出し、病院を辞めてメイク学校に。そこからは、自分でも驚くほど貪欲に、進んで知識や経験を吸収していきました。ただ、今にして思えば、ナースもメイクも“人対人”。そして、手から伝わるものの大きさをあらためて感じます。現在は、“すべての女性がキレイになれる”方法を探究し、シェアするのが使命。私にとってビューティは、アイデアもエネルギーも尽きない、まさに生き甲斐そのものですね。

JOURNEY

初めて海外旅行をした18歳の時、見るもの聞くものはもちろん、空港に降り立った瞬間の香りが鮮烈で、“5感をフル稼働して楽しむ”旅の虜に。以来、世界各国に出掛けていますが、現地ではコスメのリサーチも楽しみのひとつ。オーガニックコスメがまだマイナーな存在だった時代から、旅先で気になるアイテムを探してはブログで紹介していました。どの国もそれぞれに魅力的なので順位を付けるのは難しいですが、特に印象的だったのは、洗練されたデザインが溢れるフィンランドのヘルシンキ。サウナ文化ならではのコスメがあったのも興味深かったですね。最近は、オリジナルコスメ「ネロリラ ボタニカ」の原料を求めて日本を巡り、国内の素晴らしさにも開眼。発見も、ときめきも、癒しももたらしてくれる旅は、きっと究極のアンチエイジングに違いありません。

ELENDEEK

昨年誕生したELENDEEKは、いまの私にとって“分身”。もともと28歳からブランドディレクターを続けてきて、四六時中ファッションについて考え、私をときめかせてくれるのも、いつもファッションでした。それが、ブランドのターゲット層と自分の年齢が離れ、心からワクワクするのが難しくなった。世の中を見渡してみても、もっと大人が心躍る服をつくりたいと思い、それを実現したのがELENDEEKでした。ゼロから立ち上げるために始めたのは、自分の内面を探ること。ライフスタイルや好きなもの、欲しいものを徹底的に見つめ直し、さらに“どこにもない新しいもの”を目指しました。だからいまは、とても素直にポジティブに、自分も着たいデザインを追求しています。この楽しさは、デザインにも現れているはず。どうかお客さまにも伝わりますように。

TRIP

旅は、私にとって欠かせないもの。特にここ数年は、豊かな自然を求めて行くことが多いですね。そうでなくとも、夏は鎌倉のセカンドハウスへ、週末のプチトリップ。もともと、山と自然に囲まれた町で育っているので、何年都会に住んでいても、どこか違和感を感じているのかもしれません。これまでに思い出深かった旅先は、沖永良部島。手付かずの自然に圧倒され、人の優しさに癒されて、些細なことに涙を流したりしていました。仕事でいっぱいいっぱいの時だったので、身体がデトックスを求めていたのかも。旅は、私のなかでそんな風に、日常とのバランスを取ってくれるものなのだと思います。

DRIVE,JOURNEY,TRIP    。
旅を楽しむ気持ちで繋がる3人に聞く、
「いま、行きたい場所はどこですか?」

稲沢:
行きたい場所はたくさんあります! 旅は一緒に行く人によって目的が変わると思うので、同行者別に考えますね。まず、家族旅行ならハワイ。余計なことを考えず、とにかくのんびりとリフレッシュしたい。仲間たちとはウユニ塩湖へ。地球の大きさや自然との共存を、みんなで体感できたら最高。
オーロラ鑑賞もいつか叶えたい夢。幻想的な世界に浸るなら、隣にいるのはやっぱり未来のパートナーがいいかな(笑)。そして、絶対に再訪するつもりなのが、エネルギッシュなN.Y.!できれば長期滞在して新たな自分を発見してみたい。

早坂:
オーガニック先進国として気になりつつも、これまで行くタイミングを逃してきたドイツのベルリン。先日、ある雑誌でベルリン在住のアロマテラピストのトピックスを読み、いまは彼女に会いに行ってみたい気持ちが膨らんでいます。彼女にはぜひ、オイルをクリエーションする際のイメージソースを聞いてみたい。そんな風に海外在住の気になる方に会いにいったり、現地で会った人と仲よくなったり。旅ではそんな出会いも多いので、どんどん世界中に友人が増えて、最近は、友人に会いに行くのも旅の醍醐味です。

渡邉:

最近、初めてハワイ島に行ったのですが、想像を超える大自然の景観に久々に心が震えました。ここのところ、グアムやオアフ島など勝手知ったる旅先が多く、それはそれで楽しいのですが、やはり最初の感動は薄れるもの。初めて訪れる場所は、こんなにも五感をくすぐってくれるのだとあらためて実感したので、いまは行ったことのない場所に行ってみたいですね。モルディブやタヒチ、バイロンベイなどできることなら憧れのビーチリゾートへ。小笠原諸島や八丈島など、まだ見ぬ日本の奥深さに出会う旅も魅力的です。

旅慣れた3人が、スーツケースにしのばせる旅グッズとは?

稲沢:
香りは、気持ちを左右する重要なもの。特にアジア圏では香りが苦手な場所も多いのですが、いつものフレグランスを纏うことで安心して楽しめます。「ディプティック オーデサンス」は、海を思わせる爽やかさと華やかな優しさが調和。服やクローゼットはもちろん、ベッドや枕にもひと吹きすれば、睡眠の質もアップします。

早坂:
表参道のスパ&ショップ&カフェ「シンシア・ガーデン」とのコラボレーションでプロデュースした「ネロリラ ボタニカ」の「インテンシブ ビューティセラム」。化粧水とオイルの2層式美容液で、これ一本で保湿も艶もハリも叶います。炎症を沈めメラニンを抑える効果もあるので、陽射しの強い国でも重宝しています。

渡邉:
ELENDEEKのショップでも取り扱いのある「マーチソンヒューム」の「オリジナル ガーメントグルーム」は、衣類用のお手入れスプレー。パッキングした洋服のシワ落としや消臭効果、また、子どもの服にかけておけばシミ防止にも。万一、軽いシミができてしまった場合も、集中して付けることで落としやすく。マルチユースなうえ、化学成分不使用。やわらかいシトラス系の香りもお気に入り。

2017.9.2.sat. 最先端モードが集う青山にフラッグシップショップが誕生!

2017年9月2日、ついにELENDEEK初の路面店となるフラッグシップショップが青山にオープン!
ブランドコンセプトである「コンテンポラリー・エレガンス」をもとにデザインされた店内は、大理石やウッド、モルタルなど多彩なマテリアルを配し、モダンで遊び心のあるインテリアを表現しています。注目のラインナップは、ELENDEEKのオリジナルアイテムとともに国内外でバイイングされたウェアや雑貨のセレクトアイテムも充実。さらに、カフェサービスのおもてなしなど、大人の女性がくつろいだお買い物のひとときを過ごせる洗練された空間を実現しています。