今回のゲストは、かねてより「ELENDEEK」の大ファンという
モデルの神山まりあさん。
先日行われた2018SSシーズンの展示会でオーダーした
お気に入りのアイテムを、早速、披露してもらった。

クリエイティブディレクターの渡邉由香いわく、
「まりあさんは、美しさのなかに芯の通った凛々しさのある女性。
彼女が着こなすと、ブランドコンセプトである“エレガンスモード”が
鮮やかに浮かび上がってくるようです」。

「ELENDEEK」2018SSのテーマは「NUDE」。
クリーンなカラーをベースに、女性らしさとマスキュリンが共存するスタイルを、
軽やかに七変化する、まりあさんの豊かな表情とともにお届けする。


「異素材MIXのスカートは、ストライプのプリーツ部分がフェミニン。
風をはらんでふわりと揺れる様子が春らしくて、足取りも弾みそうです。
ニットのパープルをプラスして、大人っぽく着こなしたいな」。(まりあ)

ニットは、微かな光沢感にも“大人ベーシック”へのこだわりが。
スカートのヌードカラーを中心としたクリーン&シックなカラーバランスが、寛いだ女らしさを演出してくれる。

:COORDINATE ITEMS
JEWEL KNIT PULLOVER 12,800yen tax in
STRIPE OUT COMBI LONGSKIRT 24,000yen tax in

「コートというより、色々なスタイルで楽しめるユースフルな1枚。
いまっぽくゆるっと着たり、ウエストを絞ってフェミニンなシルエットを演出したり
その日の気分で着こなしをアレンジできる自由度もいいですね。
日常の様々なシーンに合わせてフル活用するつもりです。(まりあ)

遊び心溢れる4WAYコートは、ショートジャケットとロングジレの小粋なレイヤード。

:COORDINATE ITEMS
4WAY OVERLAY COAT 37,000yen tax in
METALIIC JACQUARD PLEATS SKIRT 22,000yen tax in

何通りもの着こなしが楽しめる万能コート。ロングジレにショートジャケットを羽織ったベーシックスタイルは、モダンなトレンチコート風。アクセントになるサッシュベルトでウエストを絞れば、レディな雰囲気漂うコートドレスとしても。

インナーのロングジレは、サッと羽織るだけでいつもの着こなしを
モードにシフト。ロングシルエットのシャープさと朗らかなサフランカラーの
コンビネーションで、オンタイムにもふさわしいクールなフェミニニティを
表現したい。

ショートジャケットは、旬のプリーツスカートやワイドパンツとも好相性。
きちんと羽織ればテーラードジャケット風に、衿を抜いて着こなせば
よりカジュアルなコーディネートにもマッチしてくれる。
ボリューミーな袖で、今年らしく。

ロングジレは、付属のサッシュベルトでウエストマークすることで、
エレガントなラップワンピースのようにも着用可能。
また、サッシュベルトはシャツやニットなど、手持ちのアイテムに合わせても
今年らしく取り入れられる。

「一見、ベーシックなテーラードジャケットなのに、
カジュアルに着られるところがお気に入り! 
背中部分は、ベルトが内側を通っているので、モコモコ
しないのもうれしいですね。
ジャケットの下はノーインナーで、気負わずさらりと、
デイリーに着こなす予定です」。(まりあ)

MANLY LIKE HW JACKET 32,000yen tax in

「ジャケットに合わせてオーダーしたのですが、
適度に抜け感のあるくるぶし丈は、バランスが
取りやすく絶妙。ジャケットとのセットアップに、
女優帽とパイソンのシューズを合わせて、
リュクスなリゾートルック風に。スーツを
カジュアルに装うのがいまの気分です」。
(まりあ)

CROSS SASH PANTS 22,000yen tax in

「柄物のコートは、羽織るだけで一気におしゃれ度が
増す着映えアイテム。フォークロアな香りも漂う
ジャガード素材は、モノトーンなのでモダンさも。
旬のガウンシルエットも、ノーカラーならスマートに
着こなせそうです。
デニムスタイルに合わせようと妄想中」。(まりあ)

TENT TOPPER JQ COAT (SAMPLE)

ホワイトを基調にカラートーンを抑えたスタイルも、
今季イチオシのコーディネート。
ニットは、前後どちらをフロントに持ってくるかで2通りに着こなせる
ユーティリティなデザイン。「ELENDEEK」らしくエスプリの効いた
ドッキングデザインのスカートで、ファッション感度と大人の遊び心を
アピールしたい。

:COORDINATE ITEMS
HEM DRAWSTRING KNIT 22,000yen tax in
MIXTURE LAYER SK 34,000yen tax in

9月にオープンしたばかりの青山の路面店は、モダンなデザインと清々しい心地よさが広がる空間。

ブランドテーマのなかから「都会」と「自然」をフィーチャーしたインテリアは、モルタルと大理石、ウッド、グリーンなど、
多彩なマテリアルがバランスよくしつらえられている。

ファッションアイテムとともに並ぶライフスタイル雑貨は、国内外からセレクトされた、暮らしを豊かに彩るアイテム。

お子さま連れでもゆっくりお買い物を楽しんでいただけるようキッズチェアやおもちゃも用意している。

2017.9.2.sat. 最先端モードが集う青山にフラッグシップショップが誕生!

2017年9月2日、ついにELENDEEK初の路面店となるフラッグシップショップが青山にオープン!
ブランドコンセプトである「コンテンポラリー・エレガンス」をもとにデザインされた店内は、大理石やウッド、モルタルなど多彩なマテリアルを配し、モダンで遊び心のあるインテリアを表現しています。注目のラインナップは、ELENDEEKのオリジナルアイテムとともに国内外でバイイングされたウェアや雑貨のセレクトアイテムも充実。さらに、カフェサービスのおもてなしなど、大人の女性がくつろいだお買い物のひとときを過ごせる洗練された空間を実現しています。