2018年9月、
誕生から1周年を迎える「ELENDEEK青山店」。
それを記念して、初夏に大きな反響のあった
「descendant」とのスペシャルコラボレーション第2弾をリリースする。
前回よりもカジュアルテイストを色濃く打ち出したラインナップは、
秋のモードスタイルに軽やかな抜け感を演出。
夏から秋へと移行するブリッジアイテムとしても
きっと大活躍してくれるはず。

スポーティカジュアルとエレガンスモードのミクスチャー。
奔放なマインドが「ELENDEEK」の進化を加速する

6月にリリースした、初の「descendant」×「ELENDEEK」スペシャルコラボレーションでは、水際のおしゃれを楽しめるウェアや夏小物が大好評!
特にPVC素材のクリアトートバッグは、オンラインショップでの発売初日に即日完売。その他のアイテムも完売続出となるほどの人気ぶりだった。

第2弾となる今回は、「descendant」本来の世界観をパワーアップ。
「ELENDEEK」のエレガンスモードにいっそうの振り幅を持たせる、大人のためのカジュアルアイテムをお届けする。
「descendant」デザイナーの西山美希子さんいわく、「今回は、フーデッドパーカやロンTなど、前回以上にカジュアルベーシックなアイテムを提案しています。
あえてメンズっぽい素材やサイズ感を取り入れているので、『ELENDEEK』のエレガントな女らしさとミックスすることで、“ハズし”の効いたコーディネートを楽しんでいただきたいですね」。
フラッグシップショップの1周年記念企画でもある今回のコラボレーションは、いつもの『ELENDEEK』に新鮮さをプラスできるアイテムばかり。
また、第1弾で即日完売となったクリアトートバッグの進化版や、クリエイティブディレクターの渡邉由香が、
日頃から『あったらいいのに』と思っていたストラップ付きiPhoneケースもおすすめ。
限定のダブルネームを、今回こそお見逃しなく。

メンズのXLに相当するサイズを、ショート丈にカットオフしたロングスリーブTシャツ。
ゆるっとした身頃は、それだけで旬のムードを漂わせてくれるよう。ショート丈のトップスは、スタイルアップを叶えてくれるうえ、スカートに合わせてもバランスが取りやすいのがうれしい。
こなれて見えるストーンウォッシュ加工で、着心地もやわらかに。
CACHALOT LST
カラー:ホワイト/ブラック/ピンク
サイズ:FREE ¥7,500+TAX

コーディネートを邪魔しない、シンプルな刺繍ロゴが大人顔。
デイリーカジュアルはもちろん、エレガントなスカートスタイルや、シンプルなクラスカジュアルとも好相性。
厚手でしっかりとしたメンズライクなコットン素材は、上半身のフォルムを今年らしくボミューミーに整えてくれる。
サイズ展開もメンズ仕様なので、からだを泳がせるようにゆるりと着こなしたい。
TYPE WRITER LOGO T
カラー:オフホワイト/グレー/ブラック
サイズ:S/M ¥6,000+TAX

ベーシックスタイルのフーデッドパーカは、メンズサイズをたっぷりとしたフォルムで着こなして。
右袖にプリントされた大胆なロゴが、コーディネートにメリハリをもたらしてくれる。
裾をウエストにイン・アウトすることで、ボリューム感に変化をつけられるのも魅力的。
モノトーンの他、ネオンイエローは、秋冬も引き続き注目したいフォレストグリーンやチェック柄とも相性がよさそう。
ORCA HOODED SWEAT
カラー:オフホワイト/ブラック/イエロー
サイズ:M/L ¥12,800+TAX

フロントには主張し過ぎない細身のロゴ、バックには「descendant」のアイコンであるマッコウクジラのワンポイントが刺繍されたシックなキャップ。
前回のコラボのキャップとは異なるラウンド型のツバは、被った時の顔の印象をやわらげ、幅広いコーディネートにもマッチしてくれる。
TYPE WRITER LOGO CAP
カラー:ブラック
サイズ:FREE ¥8,000+TAX

クリエイティブディレクターの渡辺由香が「以前から作りたかった」という、ストラップ付きのiPhoneケース。
立ち仕事が多いオンタイムや子どもと一緒のプライベートタイムなど、クロスボディにして両手を塞がずiPhoneを携帯できるのが便利だ。
「descendant」のアイコンであるマッコウクジラとダブルネームが入ったデザインは、シンプルながらもキャッチー。
甘くなり過ぎないカラーリングも大人の可愛さ。
DESCENDANT COLLABO CACHALOT CASE
カラー:ベージュ/パープル
サイズ:iPhoneX用/ iPhone7&8用 ¥4,900+TAX

PVC素材のバッグは、秋冬もトレンド継続中!
特に写真のブラックとブラウンは、深みのあるオータムカラーや秋冬の素材感ともスムーズに馴染んでくれそう。
洗練された印象の縦長ボディは、ダブルネームのロゴハンドルがアクセント。
毎シーズン大人気のプリーツトートバッグ(シルバー)が、単体でも使えるバッグインバッグとして付いている、おトクな2WAY仕様。
今回も完売必至なので、気になる方は早めのアクセスを!
カラー:クリア/ブラック/ブラウン
DESCENDANT COLLABO TOTE BAGE
カラー:クリア/ブラック/ベージュ
サイズ:FREE ¥9,800+TAX

ORCA HOODED SWEAT ¥12,800+TAX
SATIN DRESS PT ¥24,000+TAX
WAIST METAL POUCH ¥9,500+TAX

ORCA HOODED SWEAT ¥12,800+TAX
CHECK DESIGN PT ¥29,000+TAX
HEEL DESIGN LEATHER SHOES ¥24,000+TAX

クリーンなホワイトのパーカは、スポーティ感が際立つ1枚。
フォルムもカラーも今年らしいワイドボトムと組み合わせて、モードな雰囲気で着こなしてみたい。
サテンライクなパンツの光沢感が、エレガントなニュアンスを添えてくれる。

ブラックのパーカは、ブリティッシュムード漂うチェックのパンツとコーディネート。
パーカの裾は一部だけウエストインして、ボトムのハイウエストなスタイルをアピール。
落ち気味の肩やたっぷりした袖がつくる、上半身のボリューミーなシルエットがいまっぽい。

ベーシックカラーがメインの「descendant」本体でも、昨年から気になっているというピンク。
「ロンT以外のアイテムはモノトーンをメインにして、カラフルにならないように着こなす」のが、西山さん流。
PVC素材のトートは、ニュートラルなベージュが合わせやすい。

CACHALOT LS T ¥7,500+TAX
CHINO PATCH POCKET SKV¥35,000+TAX(ELIN)
TYPE WRITER LOGO CAP ¥8,000+TAX

CACHALOT LS T ¥7,500+TAX
DESCENDANT COLLABO TOTEBAG ¥9,800+TAX
DESCENDANT COLLABO OACHALOT iPhone CASE ¥4,900+TAX
※PANT・SHOES・SUNGLASSES私物

スカートにもグッドバランスな、ショート丈のロングスリーブTシャツ。
ロンT×チノスカートというカジュアルの王道スタイルも、ブラックとベージュの辛口なカラーリングでシックにまとめている。
キャップもブラックで統一して、あくまでモダンにカッコよく。

ロゴが刺繍された白Tシャツと「ELENDEEK」のシグネチャーでもある異素材ミックススカートとのスタイリングは、今回のコラボレーションを象徴する組み合わせ。
ライダースジャケットを羽織ることで、いっそうエッジを立たせて。

イタリア製のジャガード素材がインパクトのあるIラインスカートは、Tシャツを合わせて抜け感をオン。
こっくり濃厚なエレガンスを演出できそうなスカートも、晩夏〜初秋のブリッジシーズンには、これくらい軽やかに着こなしたい。

TYPE WRITER LOGO T ¥6,000+TAX
RIDERS LEATHER BLOUSON ¥46,000+TAX
HELLINGBONE PLEATS LSK ¥26,000+TAX
※SUNGLASSES私物

TYPE WRITER LOGO T ¥6,000+TAX
NARROW SK ¥24,000+TAX
※SUNGLASSES私物

Tシャツ×パンツのシンプルな着こなしも、ビッグシルエットとキレイ色で旬が香るスタイルに。
Tシャツは、白よりもボトムのトーンに近いグレーでシックにまとめて。クロスボディにしたiPhoneケースのストラップが、スポーティなエッセンスを。

歩くたびにシフォンプリーツが揺れ、優雅なシルエットを生み出すロングスカート。
オケージョン対応も可能な華やかさだが、Tシャツを合わせればデイリーにも着こなしやすい。
ブラックのPVCトートは、洗練された光沢感が魅力的。

TYPE WRITER LOGO T ¥6,000+TAX
HIGH WAIST TUCK PT ¥35,000+TAX (ELIN)
DESCENDANT COLLABO OACHALOT iPhone CASE ¥4,900+TAX
※SUNGLASSES私物

TYPE WRITER LOGO T ¥6,000+TAX
LAYER PLEATS SK ¥26,000+TAX
DESCENDANT COLLABO TOTEBAG ¥9,800+TAX
※SUNGLASSES私物

「ELENDEEK 青山店」が目指すのは、
ワクワクできるファッションの発信地

「『ELENDEEK青山店』は、おかげさまをもちまして、2018年9月2日に1周年を迎えます。
ここはブランドにとって第1号店ではありませんが、『ELENDEEK』の世界観をあますところなくお伝えできるフラッグシップショップ。
また、実は構想までにかなりの時間を費やしたこともあり、まるでここが“ブランドの原点”であるような、そんな気さえしています。

いまとなっては、『ELENDEEK』は、この青山店なしでは語れません。
ブランドを立ち上げるときに想像していた、“ライフスタイルまで含めたファッションを提案していきたい”“何歳になっても気分が上がることをやっていきたい”という思いも、ここでライフスタイルグッズを提案したり、イベントを開いたりすることで実現できているように思います。お客さまには、私と同じお子さまのいらっしゃる方も多いので、親子で楽しめるイベントは今後も開催していく予定。これまでいらしてくださった方々のご意見や子どもたちの目線も取り入れながら、おしゃれでハッピーなアイデアを考えていくつもりです。
最近では、SNSが普及したことで、ファッションもこれまで以上に“リアルな日常の楽しさ”に寄り添うものになりました。『ELENDEEK 青山店』は、そんなファッションの発信地となれるよう、これからもワクワクできる洗練された空間を提供させていただきます。2年目以降も、どうぞよろしくお願いいたします」。
ELENDEEKCREATIVE DIRECTOR 渡辺 由香

9月にオープンしたばかりの青山の路面店は、モダンなデザインと清々しい心地よさが広がる空間。

ブランドテーマのなかから「都会」と「自然」をフィーチャーしたインテリアは、モルタルと大理石、ウッド、グリーンなど、
多彩なマテリアルがバランスよくしつらえられている。

ファッションアイテムとともに並ぶライフスタイル雑貨は、国内外からセレクトされた、暮らしを豊かに彩るアイテム。

お子さま連れでもゆっくりお買い物を楽しんでいただけるようキッズチェアやおもちゃも用意している。